環境

  • グリーンにエネルギーを利用する
  • 「青い水と緑の山は金の山と銀の山」という理念に基づき、エネルギー管理能力を継続的に引き上げさせ、従来のエネルギーを再生可能なエネルギーに引き換えさせ、技術改革などの措置で省エネの社会責任を果たし、グリーンなモデルチェンジを実現する。
    省エネかつ減耗 排出削減できる方式:
  • 化石燃料の使用を減少させる:屋上の太陽能発電装置を設け、化石燃料を電気に引き換える。
  • 各種類の省エネ改造プロジェクト:余った熱能を回収と利用し、システムのエネルギーの使用効率を引き上げる。
  • 国連気候大会COP26に登場
  • われわれは連気候大会COP26に「高純度結晶シリコン生産過程においての蒸気使用零たん化方法」の事業方案を展示した。燃料の引き換え、省エネかつ効率を引き上げ、再生可能電力を使用する方法などで、結晶シリコンの生産過程においてのたんその排出を減少させ、業界に良い手本を提供し、低たんそにおいて、中国企業のリーダシップを発揮した。
  • グリーンゾーンを建設する
  • われわれは資源を高効的に総合し、産業の連動を実現し、用地の集約化、生産のグリーン化、エネルギーの低たん化など優位性を発揮し、「漁業と太陽光発電一体化」の現代産業ゾーンと国家級のグリーン工場を積極的に作り上げ、グリーンの運営を行い、グリーン製造体系を構築する。
    「漁業と太陽光発電一体化」という現代産業ゾーン
    TONGWEIは太陽光発電と現代漁業を有機的に融合させ、「上流は発電、下流は漁業」という「漁業と太陽光発電一体化」プロジェクトを作り、革新的に三つの産業を連携して、新漁業、再生可能な(新)エネルギー、新農村を一体化した「三新」の現代産業ゾーンを作り上げ、漁業と太陽光発電の高効的な発展を実現した。「漁業と太陽光発電一体化」プロジェクトが運営したことにより、現地のエネルギーメカニズムを最適化させ、二酸化炭素の排出削減及びグリーンかつ低たん化の発展、また「CO2排出量ピークアウト、カーボンニュートラル」の目標実現に重要な意義がある。
    2021年12月、黒竜江省肇源県の100MW「漁業と太陽光発電一体化」プロジェクトが併列発電できた。当プロジェクトの年発電量が1.45億kw·hに達し、25年間の総計の発電量が35億kw·hに達すると見込まれる。累計で120万トンの標準たんを節約でき、362万トンの二酸化炭素の排出を削減できる。
    国家級グリーン工場
    TONGWEIはグリーンとエコの持続可能な発展理念を履行し、グリーンな電力を積極的に使用し、ガーデン式のグリーン工場を作り、商品の省エネかつ低たん化、または資源と環境の消耗の最小化を実現させる。TONGWEI傘下の六社:TW Solar(Chengdu)Co.Ltd、TW Solar(Hefei)Co.Ltd、Nei Menggu Tongwei High Purity Silicon Co.Ltd、Sichuan Yongxiang Polysilicon Co.Ltd、Sichuan Yongxiang New Energy Co.Ltd とSichuan Yongxian New Material Co.Ltdは国家級グリーン工場の認証で承認された。
    Sichuan Yongxian New Material Co.Ltdは工業の固体廃棄物の処理、二酸化炭素の排出削減を目標として、各種類の省エネ技術改造プロジェクトを実施し、著しい効果を得た。2021年、Yongxian New Materiaが30万トン工業の固体廃棄物を処理し、12万トンの二酸化炭素の排出を削減し、グリーンの生産目標を実現した。